パソコンとスマホを見る男性

アプリ開発を行う際に、できるだけお得に行いたい場合には個人事業を展開しているエンジニアに募集をかけるのが良い方法です。企業に依頼するのに比べてアプリ開発における相場が安いことからより少ない費用で制作を依頼できる可能性が高いからです。 メリットはそれだけではなく、基本的には契約内容に関して主導権を握れることが多いという点もあります。契約をする上では対等であっても、企業と個人という規模の違いからフリーエンジニアは企業側の依頼を優先して考えてくれる可能性が高いのです。そのため、納期に関しても自由に設定がしやすかったり、仕事の途中で仕様変更を依頼したりということも容易に行えるというメリットがあるのです。

一般的なアプリ開発系の企業にアプリを発注すると、その内容によって50万円から500万円程度の費用がかかります。典型的には100万円から200万円程度であり、テンプレートが利用可能なものについては安くなる傾向があります。一方、SNS等を利用する場合には費用が高くなる傾向があります。 これに対してフリーエンジニアの場合にも開発を依頼するアプリの規模が大きくなれば高くなるのは同様の傾向があるにしても、50万円から100万円程度で1つのアプリ開発を依頼できることがほとんどです。規模が大きくなる場合には月額支給で60万円前後が一般的な相場となっており、概して企業に依頼するよりも安価に仕上げてもらうことが可能なのです。